競技ダンス・ラテンアメリカンDANCE

競技ダンス・ラテンアメリカン

ここでは競技ダンス・ラテンアメリカンと呼ばれる各種目をご紹介いたします。
ラテンアメリカンの種目はアップテンポなリズムが比較的多く、スタンダードとの大きな違いは男女が離れて踊ることもあるということです。
男女の距離感が変わっていくため、表現の幅がとても広くなるので、ラテンアメリカンは非常に情熱的な種目が多いです。
オールジャパンダンス選手権ラテン部門での
関光晴大藤瞳組

キューバンルンバ

男女の愛情表現をイメージした、ダンス愛好家の方に最も人気のある種目の一つですね!ラテンの種目なんですが非常にゆったりとしたリズムで踊ります。ラテン競技種目はまずはここから入ります。

チャチャチャ

キューバンルンバと同じく男女の愛をテーマにした踊りですが、リズムは非常に軽快で、「愛」というよりは「恋」の表現が強いですね。
非常にハッピーで楽しいダンスです!!基本ステップはキューバンルンバに似ているものが多いのでルンバの次はこのチャチャチャの習得ですね!

サンバ

サンバ・・といえばブラジルをイメージしますね★日本でもサンバカーニバルなどでなじみのあるリズムになりつつありますね!
打楽器のみの多数のリズムで表現されるサンバは、音楽を聴いているだけでも体が勝手に動いてきてしまいますね♪

パソドブレ

闘牛士をイメージしたスペイン発祥の非常に勇ましいダンスです。カスタネットとスパニッシュギターのマーチのリズムは曲が進んでいくにつれ、同じように踊り手の気分を盛り上げていきますね!!

ジャイブ

アメリカンロックンロールやスウィングに合わせて踊るラテン種目の中でも最もアップテンポなダンスですね!ジルバの難しいやつ・・なんてのが1番イメージしやすいかと思いますが(笑)とても軽快で楽しいダンスですよ!